東日本大震災以降,原子力損害賠償法に興味あり,同法と東京電力の責任についても検討してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

・設置関係資料 その9 シビアアクシデント研究、原子力安全基盤機構

・設置関係資料 その9 シビアアクシデント研究、原子力安全基盤機構

------------------------------
yomiuri.online
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110404-OYT1T00076.htm

「電源喪失で容器破損」東電報告書検討せず

東京電力福島第一原子力発電所2、3号機で使われている型の原発は、電源が全て失われて原子炉を冷却できない状態が約3時間半続くと、原子炉圧力容器が破損するという研究報告を、原子力安全基盤機構が昨年10月にまとめていたことがわかった。

 東電は報告書の内容を知りながら、電源喪失対策を検討していなかったことを認めている。

 国は2006年に「原発耐震設計審査指針」を改定し、地震の想定規模を引き上げた。これを受け、国の委託で原発の安全研究に取り組む基盤機構が、09年度から様々な地震被害を想定した研究を始めた。

 1970年前後に開発された、2、3号機の型の沸騰水型原発(出力80万キロ・ワット)については、地震で電源喪失した場合、原子炉内の温度や水位、圧力などがどう変化するかを計算した。

 その結果、3時間40分後には圧力容器内の圧力が上がって容器が破損し、炉心の核燃料棒も損傷。格納容器も高圧に耐えきれず、6時間50分後に破損して、燃料棒から溶け出した放射性物質が外部へ漏れるとした。

(2011年4月4日03時08分 読売新聞)


------------------------------------
平成21年度
地震に係る確率論的安全評価手法の改良
=BWRの事故シーケンスの試解析=

http://www.jnes.go.jp/content/000117490.pdf

(2)津波時の解析モデル
平成20年度作業で作成した津波PSAの簡略的な解析モデルを改良し、改良したモデルを用いて、津波時の炉心損傷頻度の試解析を実施した。
その結果、プラント内の安全上重要な機器の冷却を担っている海水冷却ポンプは、海岸の近くに位置しその設置レベルが相対的に低いため、津波による海水冷却ポンプの機能喪失が炉心損傷頻度算出に重要なパスになることが分かった。
今後、より詳細な津波時の炉心損傷頻度の評価を実施していくために、津波ハザードデータ及び津波時の機器フラジリティデータの整備を実施していくことが望まれる。


------------------------------------
http://www.jnes.go.jp/content/000017242.pdf
平成21年度シビアアクシデント晩期の格納容器閉じ込め機能の維持に関する研究報告書

事故シーケンス 事故条件
TMLU(補助給水失敗、ECCS失敗)
過渡事象により原子炉停止
→ 事故直後にファンクーラ作動
→ 補助給水失敗
→ 充填ポンプ、高圧注入失敗
→ 格納容器スプレイ注入モード開始(格納容器圧力0.17 MPa到達時)
→ 格納容器スプレイ再循環モード切替え成功
→ 炉心損傷
→【AM】炉心最高温度が2500 K を超えた10 分後に、加圧器逃がし弁
を全開し、1次冷却系を減圧
→1次系圧力低下(4.24 MPa)により、蓄圧器作動開始
→低圧注入失敗
→原子炉容器破損

--------------------------
http://www.jnes.go.jp/content/000017244.pdf
平成21-22 年度 シビアアクシデント晩期の格納容器閉じ込め機能の維持に関する研究 (ガス状ヨウ素放出抑制に関する試験)

TB 全交流電源喪失(バッテリ枯渇)-AM あり-
全交流電源喪失
→給水喪失、MSIV 全閉
→原子炉水位低でRCIC 起動
→10 時間後にバッテリ枯渇RCIC 停止
→炉心溶融開始
→高圧状態で圧力容器破損
→電源復旧 (21 h)
→格納容器スプレイ作動
燃料被覆管破損 12.8 h
炉心溶融 12.8 h
圧力容器破損 14.3 h
電源復旧 21.0 h
RHR スプレイ作動21.0 h


--------------------------------
http://www4.jnes.go.jp/cgi-bin/namazu.cgi?query=%A5%B7%A5%D3%A5%A2%A5%A2%A5%AF%A5%B7%A5%C7%A5%F3%A5%C8&whence=20&max=20&result=normal&sort=score

http://www.jnes.go.jp/content/000014512.pdf
平成20年度 シビアアクシデント晩期の格納容器閉じ込め機能の維持に関する研究報告書

http://www.jnes.go.jp/content/000005976.pdf
シビアアクシデント解析コードの整備 に関する報告書

http://www.jnes.go.jp/content/000009634.pdf
シビアアクシデント解析コードの整備 に関する報告書

http://www.jnes.go.jp/content/000013904.pdf
平成19年度 シビアアクシデント晩期の格納容器閉じ込め機能 の維持に関する研究報告書

http://www.jnes.go.jp/content/000007877.pdf
平成18年度シビアアクシデント晩期の格納容器閉じ込め機能の維持に関する研究報告書

http://www.jnes.go.jp/content/000011195.pdf
シビアアクシデント解析コードの整備に関する報告書

http://www.jnes.go.jp/content/000010396.pdf
平成17年度 シビアアクシデント晩期の格納容器閉じ込め機能の維持に関する研究報告書


------------------------------


関連記事
スポンサーサイト
2011-05-03 : ・設置関係資料 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

text2

Author:text2
原子力損害賠償法について検討してみます。(リンクはご自由に)
なお、引用部分以外は私(一応法律家)の意見ですので、判例・学説・実務等で確定したものではありません。他の考えでも裁判等で争い認められる余地があります。

全記事のリスト表示

全ての記事を表示する

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
473位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
216位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。