東日本大震災以降,原子力損害賠償法に興味あり,同法と東京電力の責任についても検討してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■2条「原子力損害」の意味・範囲 その6 風評被害3 分類

■2条「原子力損害」の意味・範囲 その6 風評被害3 分類

 「風評被害」という言葉は、法律用語ではなく、特に定義も無いはずであるが、「原子力損害」の賠償という観点からみた場合、以下のように分類できるであろう。

【風評被害の意味】
0 風評被害といえないもの(当然に「原子力損害」にあたるはずのもの)
基準値以上(健康を害するおそれがある程度?)に放射能汚染が現に及んでいる場合
汚染の有無程度にかかわらず国により出荷規制されている場合

1 狭義の風評被害
放射性物質による汚染が全くない、あるいは事故前と変化がないのに、風評による売上の低下等によって被る損害

2 広義の風評被害
放射性物質による汚染が全くない、あるいは放射性物質による微量の汚染があるものの、それが基準値以下(健康に害が無い程度?)のものであるのに、風評による売上の低下等によって被る損害


【風評被害の種類】
1 人の汚染が恐れられて発生するもの
  避難者の宿泊拒否?

2 物の汚染が恐れられて発生するもの
(1)動産
 a 農作物、海産物、畜産物等一次産品(売れなくなる)
 b 食品加工物(売れなくなる)
 c 衣類・機器等工業製品(売れなくなる)
(2)不動産
 a 土地建物(売れなくなる、価値の低下)

3 場所の汚染が恐れられて人が来なくなって発生するもの
 a 観光業(宿泊施設・運輸業)(客減る)
 b 賃貸業、教育、娯楽、医療、その他サービス業(客・利用者減る)
 c 農業その他産業で労働者の不足による損失(労働力不足)
 d 運送業等サービス業の利用ができないことによるもの

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

2011-04-09 : ・風評被害 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

text2

Author:text2
原子力損害賠償法について検討してみます。(リンクはご自由に)
なお、引用部分以外は私(一応法律家)の意見ですので、判例・学説・実務等で確定したものではありません。他の考えでも裁判等で争い認められる余地があります。

全記事のリスト表示

全ての記事を表示する

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
333位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。