東日本大震災以降,原子力損害賠償法に興味あり,同法と東京電力の責任についても検討してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■条文と問題点

2011年3月11日以降に発生した福島第1での原発事故との関係で問題となりそうな条文

原子力損害賠償法
第2条2項
 この法律において「原子力損害」とは、核燃料物質の原子核分裂の過程の作用又は核燃料物質等の放射線の作用若しくは毒性的作用(これらを摂取し、又は吸入することにより人体に中毒及びその続発症を及ぼすものをいう。)により生じた損害をいう。ただし、次条の規定により損害を賠償する責めに任ずべき原子力事業者の受けた損害を除く。

第3条1項
 原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。


解釈上重要問題となるもの
1 2条「原子力損害」の意味・範囲
2 3条の責任の性質
3 3条但書の「その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるとき」とは



------------------------------------------------

関係法令
原子力損害の賠償に関する法律施行令
原子力損害の賠償に関する法律施行規則
原子力損害賠償補償契約に関する法律
原子力損害賠償補償契約に関する法律施行令
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律
原子力損害賠償紛争審査会の組織等に関する政令
原子力災害対策特別措置法
災害対策基本法
関連記事
スポンサーサイト
2011-04-05 : ■その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

text2

Author:text2
原子力損害賠償法について検討してみます。(リンクはご自由に)
なお、引用部分以外は私(一応法律家)の意見ですので、判例・学説・実務等で確定したものではありません。他の考えでも裁判等で争い認められる余地があります。

全記事のリスト表示

全ての記事を表示する

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1030位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
447位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。