東日本大震災以降,原子力損害賠償法に興味あり,同法と東京電力の責任についても検討してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

・原子力損害賠償制度 各国比較

・原子力損害賠償制度 各国比較

 賠償措置額の多寡の問題とか、免責事由の内容等の問題があるが、ごく大雑把に、○が多い方が、原子力事業者に事業者に厳しい制度だとして、


・日本
事業者の無過失責任 ○(3条)
事業者への責任集中 ○(4条)
免責事由        ×(3条1項但書、異常に巨大な天災地変又は社会的動乱)
無限責任        ○

・アメリカ
事業者の無過失責任 △(州法で)
事業者への責任集中 △(州法で)
免責事由        ×(戦争行為)
無限責任        ×(措置額130億ドル程度)

・イギリス
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由        ×(武力紛争の過程における敵対行為)
無限責任        ×(約324億円)

・フランス
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由        ×(武力紛争、戦争行為、暴動又は内戦、例外的性質を持つ重大な自然災害)
無限責任        ×(約137億円)

・ドイツ
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由        ○(免責なし)
無限責任        ○

・スイス
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由       ×(被害者の故意、重過失で免責又は減責)
無限責任       ○

・カナダ
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由        ×(戦争、侵略、暴動及び原子力損害を起こそうとする故意)
無限責任        ○

・中国
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由        ×(社会的動乱、異常に巨大な天災)
無限責任        ×(約46億円?)

・韓国
事業者の無過失責任 ○
事業者への責任集中 ○
免責事由        ×(国家間の武力衝突、敵対行為、内乱または反乱)
無限責任        ×(約63億円)

-------------------------------
・インド
http://www.jepic.or.jp/news/pdf/20100906-09-1.pdf

■インド:インド議会、原子力損害賠償法案を可決
インド下院は2010 年8 月25 日、上院は8 月30 日、原子力損害賠償法案を賛成多数で可決した。上下両院とも左翼政党の損害賠償額の増額を求めた修正動議を否決した後、最大野党のインド人民党(BJP)の賛成を得て可決した。今後大統領の署名をもって成立する。8 月20 日に政府が示した法案では、運転事業者が原子力設備などの供給事業者に賠償を肩代わりさせることができる条件として、「原子力事故が、原子力損害を起こそうとする意図で行われた供給事業者またはその従業員の行為の結果による場合で、このような行為には、明らかなまたは潜在的な欠陥のある設備または材料もしくは基準を満たしていない役務の供給を含む」となっていたが、原子力損害が意図的に起こされたことを証明するのは不可能として野党が反対したため、「原子力損害を起こそうとする意図で行われた」が削除され、「原子力事故が、基準を満たしていない役務による明らかなまたは潜在的な欠陥のある設備または材料の供給を含む、供給事業者またはその従業員の行為の結果による場合」となった。チャバン科学技術大臣は、ボパールでのガス漏えいによる悲劇(15,000 人死亡)のような経験をした国はほかにないので、インドは、供給事業者に対する原子力損害賠償責任を定めた最初の国になるだろうと述べた。本法案の通過によって、2005 年7 月にシン首相が訪米し、米国との間で民生用原子力協力に合意して以来始まった、インドが民生用原子力協力を得るための手続きがすべて終了したことになる。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

2011-06-26 : ■その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

text2

Author:text2
原子力損害賠償法について検討してみます。(リンクはご自由に)
なお、引用部分以外は私(一応法律家)の意見ですので、判例・学説・実務等で確定したものではありません。他の考えでも裁判等で争い認められる余地があります。

全記事のリスト表示

全ての記事を表示する

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1030位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
447位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。